2021年7月28日

Jリーフ,人工光型自動化植物工場「テクノファーム成田」の操業開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSの100%子会社であるENEOSテクノマテリアルが出資するJリーフは,国内最大規模の人工光型自動化植物工場「テクノファーム成田」の操業を開始した。

同工場は,(株)スプレッドが開発した次世代型農業生産システム「Techno Farm ™」を導入。工場内で植物生長に必要な諸条件(光量,温度,湿度,風速,栄養分など)を,IoT技術を用いて最適に制御する。また,虫害が発生しないため,栽培過程において一切農薬は使用しないなど,環境負荷を極力低減させている。従来工場の2倍にあたる28段の栽培棚を設置することにより生産性を高め,日産3万株のレタスの生産を実現した。(’21 7/28)

Related Posts

Share This