2021年7月28日

NTN,リモートによる技術支援サービスを開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNは,軸受(ベアリング)に関わる設備のトラブルをリモートでサポートする技術支援サービスを開始した。同サービスは,2021年4月から試行を開始し,今後本格的に活動を展開していく。

これまでは,技術者が現地を直接訪問して問題解決をサポートする技術サービスなどを通じて,顧客の設備の安定稼働を支えてきたが,頻発する豪雨や地震などの災害時やコロナ禍における移動制限などの状況下においても迅速な技術サポートを行うため,リモートによる技術支援サービスを開始した。

同サービスは,ウェラブル端末などを用いて設備や軸受の状況を確認し,リモートで技術サポートを行う。リモートで入手した情報を,NTNリモートサービスセンターのNTN技術者が解析し,顧客への適切な対策提案などで早期の問題解決を図る。サポート内容は軸受の異常診断や取り扱いなど,軸受技術に関するあらゆる相談に幅広く対応できる。ネットワーク環境さえ確保できれば自然災害などの緊急時も対応でき,通信端末を操作することで,関係者以外の立ち入りが禁止されているエリアのサポートも可能となる。(’21 7/28)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This