2021年7月21日

NTN,後輪用ステアリング機能付ハブベアリング「Ra‐sHUB」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNは,前輪用ハブベアリングに転舵角度を調整する機構を組み合わせたステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を,後輪用に改良した「Ra‐sHUB(ラスハブ)」を開発した。

現在,市場にある後輪転舵システムは,適用することにより,ホイールベースが長い大型車両においても最小回転半径を小さくするとともに,走行安定性を高め,安全な走行を可能にする。しかし,既存の後輪操舵システムは大型な上,一部の懸架装置のみに適用が限定されているほか,構造上大きな転舵角をとることが困難とされている。

同製品は小型で,後輪の懸架装置の種類を選ばず,従来のハブベアリングと同様にさまざまな車両への搭載が可能となる。従来,リンク機構が無い懸架装置で後輪転舵するためには,大掛かりな車両の設計変更が必要だったが,同製品は比較的容易に搭載できる。あらゆる懸架装置の車両において後輪転舵を実現すると共に,車両の情報をもとにタイヤの転舵角度を左右別々に制御することで,車両のコーナリング性能や高速直進時の安定性の向上,燃費改善にも貢献する。(’21 7/21)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This