2021年6月30日

NTN,手首関節モジュール「i-WRIST®」の機能を拡張

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNは,手首関節モジュール「i-WRIST(R)」の機能を拡張した新シリーズ「IWSシリーズ」を開発し,販売を開始した。

i-WRISTは,独自のリンク機構により手首のようななめらかな動きを特長とし,細かい角度制御を高速で行うことができる。先端部にエンドエフェクタを取り付け,グリース塗布や洗浄,組立などの用途に使用でき,これまでに自動車部品などの外観検査用途などで採用されている。さまざまな要望から,今回,4つの機能を拡張したIWSシリーズを開発した。

同製品は,従来の下向きに加え,上向きや横向き,傾斜姿勢の取り付けが可能。ユーザ側のコントローラからi-WRISTに指令を送るための外部インターフェースとして,従来のパラレル入出力(I/O)に加えてEthernetにも対応した。また,最大動作速度が1.6倍(従来比)となり,タクトタイムのさらなる短縮に貢献する。産業用ロボットのための安全規格 ISO 10218-1に準拠している。(’21 6/30)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This