2021年6月30日

ENEOS,オリンピック・パラリンピックの関連施設に再生可能エネルギー由来の電気を供給

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

ENEOSは,「東京 2020 ゴールドパートナー(石油・ガス・水素・電気供給)」として,東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会(以下,東京2020大会)の関連施設に再生可能エネルギー由来の電気(以下,再エネ電気)を供給することを発表した。

同社は東京2020大会の関連施設に電気を供給するが,大会期間中はオリンピックスタジアム(ウォームアップエリア),有明体操競技場(ブロードキャストエリア)など,49施設に供給する電気は全て再エネ電気(供給予定電力量:約24百万kWh)となる予定。供給する再エネ電気は,バイオマス発電や太陽光発電で発電されたものであり,CO2排出係数ゼロの環境配慮型エネルギーとなる。(’21 6/30)

アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,有機ハイドライド製法によるCO₂フリー水素サプライチェーン実証の規模拡大に成功

ENEOS,有機ハイドライド製法によるCO₂フリー水素サプライチェーン実証の規模拡大に成功

ENEOSは,千代田化工建設,クイーンズランド工科大学と共に2018年から進めているCO₂フリー水素の製造,輸送,脱水素に関する技術検証において,世界で初めて実際に使用できるレベルまで規模を拡大し,燃料電池自動車(FCV)へ充填することに成功したことを発表した。

Share This