2021年6月23日

三洋化成工業,APB 福井センター武生工場の開所式が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

三洋化成工業の持分法適用会社であるAPBは,全樹脂電池の量産のための第一工場である「APB 福井センター武生工場」の稼動開始にともない,開所式を行った。開所式は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している状況を受け,感染拡大防止対策を徹底の上,社内関係者中心で執り行われた。

全樹脂電池は,活物質に樹脂被覆を行い,樹脂集電体に塗布をすることで電極を形成。独自の製造プロセスにより,従来のリチウムイオン電池よりも工程を短縮することで,製造コスト・リードタイムの削減を実現するとともに,これまでにない高い異常時信頼性とエネルギー密度を実現する。部品点数が少なくて済むバイポーラ積層型で,樹脂で構成しているため,電極の厚膜化が容易に行え,セルの大型化が可能で形状自由度が高いことも特長。

武生工場は,世界初の全樹脂電池の量産工場となり,従来のリチウムイオン電池工場とは大きく異なる特徴を持つ。廃液が出ないだけでなく,乾燥工程をはじめとする多くのプロセスを排除することで,使用エネルギーを削減することにも努めるなど,環境保護,保全効率の向上を重視した設計がなされている。2021年10月を予定している本格稼動に移行するべく,準備を進めていく。(’21 6/23)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This