2021年6月23日

ENEOSとNEC,電動車両の充電ネットワーク拡充に向けた協業検討を開始

アーステック
共催セミナー

ENEOSは日本電気(以下,NEC)と,電動車両(EV,PHV)の充電事業において協業検討を開始することに合意,「基本合意書」を締結したことを発表した。現在,地球温暖化問題の深刻化を受け,日本国内においても脱炭素化につながる電動車両のさらなる普及が想定されている。全国展開する約13,000ヵ所のSSネットワークおよび電力事業をもつENEOSの強みと,充電(実績・状態)管理や設置工事・トラブル対応など,電動車両充電器運用にかかわるシステム全般のノウハウをもつNECの強みを活かし,両社は電動車両充電ネットワークを通じた新たなサービスの創出,電動車両充電ネットワークの拡充の2点において,協業の検討を行っていく。(’21 6/23)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This