2021年5月26日

ENEOS,新構造脂環式エポキシモノマー「EPOCHALIC®」の販売を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,電子機器周辺材料で代表的なエポキシ樹脂の原料となる脂環式エポキシモノマー「EPOCHALIC(エポカリック)®」について、新たな分子構造の商品を世界で初めて商用化し,販売を開始した。

同製品は,同社が独自の技術により世界トップクラスのシェアを誇る,自動車部材向け合成ゴム添加剤用途のENB(エチリデン・ノルボルネン)事業で培ったノウハウを活用した分子設計をエポキシ樹脂の製造に用いることで,高い耐熱性と強度をもたらすことが可能となった。また,流動性に優れる「DE-102」および耐熱性の向上効果が大きい「DE-103」の2種類のラインナップを用意した。

近年,次世代通信技術の発展により,電子機器周辺の発熱量は大きくなっている。電子機器に使用される樹脂には,高温下で使用する際に機能を正常に維持することが不可欠で,これまで以上に高い耐熱性・強度が必要とされており,同製品は幅広い顧客ニーズに対応することができる。(’21 5/26)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This