2021年5月26日

島津製作所,シアル酸結合異性体判別用安定化試薬キットを発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

島津製作所は,シアル酸結合異性体判別用安定化試薬キット「SialoCapper-ID Kit」(シアロキャッパーアイディーキット)を発売した。同製品は、糖鎖をMALDI(マトリックス支援レーザー脱離イオン化法)型の質量分析計で測定するための前処理技術「Sialic Acid Linkage-Specific Alkylamidation(SALSA)法」に用いる試薬キットとなる。

通常のクロマトグラフィーや質量分析ではシアル酸結合糖鎖の分離や判別が困難であったが,同製品で糖鎖を前処理することで,簡単に結合様式の違いを質量差として質量分析で判別できるようになった。また,同製品の使用はシアル酸の脱離を防ぎ,分析精度を安定化させる。同製品による前処理は、試料と同製品を混ぜて簡単な精製を行うだけなので,糖鎖分析でよく使われる「BlotGlyco®」(住友ベークライト社製)との併用が可能となるなど,高い汎用性と拡張性を持っている。(’21 5/26)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This