2021年4月28日

2021年2月の建設機械出荷金額統計

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
アントンパール・ジャパン

日本建設機械工業会がまとめた2021年2月の建設機械出荷金額統計(補給部品を含む総額)は,前年同月比1.5%増の2,034億円で,4ヵ月連続の増加となった。うち,内需は同6.2%減の765億円で2ヵ月連続の減少,外需は同6.9%増の1,270億円で4ヵ月連続の増加となった。内需について機種別に見ると,トラクタが20.9%増の86億円,コンクリート機械が4.9%増の28億円,その他建設機械が4.1%増の59億円と増加した。外需について機種別に見ると,トラクタが41.2%増の145億円,油圧ショベルが14.2%増の543億円,ミニショベルが13.9%増の241億円,道路機械が26.3%増の23億円,その他建設機械が5.9%増の151億円と増加した。(’21 4/28)

Related Posts

ENEOS,超小型EVシェアリングサービスの実証実験を開始

ENEOS,超小型EVシェアリングサービスの実証実験を開始

さいたま市とENEOS及びOpenStreetは,「さいたま市スマートシティ推進事業」の大宮・さいたま新都心プロジェクトの取組のひとつとして,シェア型マルチモビリティ等の実証実験協定を締結し,2021年3月23日から大宮駅及びさいたま新都心駅周辺エリアにおいて実証実験を開始した。...

出光興産,アクセンチュアと燃料輸送管理プラットフォームを構築,運用開始

出光興産,アクセンチュアと燃料輸送管理プラットフォームを構築,運用開始

出光興産は,アクセンチュアと協力して,燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを新たに構築し,運用を開始した。 同プラットフォームは,燃料油の陸上輸送に関して,出光興産,運送会社,全国約6,400カ所のSSなどにまたがる受注から荷卸しまでのあらゆるデータを,クラウド上でリアルタイムに一元管理,分析ができる。蓄積されるデータには,配車計画や関係者との連携状況,SSへの配送状況,荷積・荷卸実績のほか,タンクローリー約900台に搭載されたタブレット端末からリアルタイムに収集される車両の位置情報,作業状況などが含まれる。...

Share This