2021年4月28日

ENEOS,サウジアラムコとCO2フリー水素・アンモニアのサプライチェーン構築に向けた覚書を締結

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,サウジアラビア王国の国営石油会社,サウジアラムコとの間で,CO2フリー水素・アンモニアのサプライチェーン構築に向けた協業検討に関する覚書を締結し,フィージビリティスタディ(実行可能性調査,以下FS)を開始することを発表した。

今回の検討では,サウジアラムコが生産・供給する天然ガス・LPGなどの化石資源に由来する水素製造事業や,CO2フリー水素製造時に発生するCO2を回収・貯留する事業,および日本をはじめとするサウジアラビア国外の需要地へ海上輸送するため,アンモニアやMCH(メチルシクロヘキサン)を含む,様々な水素の輸送形態を対象にFSを実施する。ENEOSは,このFSの成果に基づき,日本への製品輸入を含め,製油所において発電所などの近隣企業への水素供給事業を展開し,将来の水素の社会実装に取り組んでいく。(’21 4/28)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,ネオエン社と日豪間CO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を開始

ENEOS,ネオエン社と日豪間CO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を開始

ENEOSは,豪州企業ネオエン社(正式名称:Neoen Australia Pty Ltd)と,日豪間のCO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を実施することとし,両社で覚書を締結したことを発表した。 同社は,脱炭素に向けた本格的な水素の大量消費社会を見据えて,国内外でCO₂フリー水素サプライチェーン構築に取り組んでいる。海外においては,豪州や中東,アジアにおける広範囲なアライアンスを活かし,安価な水素の大量供給実現に向けた検証を行っている。...

Share This