2021年4月28日

2021年度「IVIスタートアップセミナー」が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
アントンパール・ジャパン

インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(以下IVI)は,2021年4月15日にオンライン配信により「IVIスタートアップセミナー」を2021年度最初の企画として開催した。

リアルの世界とネット(サイバー)の世界が融合し,まさにCPS(サイバーフィジカル)な世界がこれからますます加速するものと考えられる。

IVIは「つながる工場」,「ゆるやかな標準」をコンセプトにIoT時代のものづくりにおける現場の課題を起点とした業務シナリオに関するワーキンググループ(以下WG)を立ち上げ,協調領域(各企業で共通するべき部分)をリファレンスモデルとした相互につながるしくみ作りについて検討している。2021年度は特に中堅企業にIVIのサービスを利活用されることを目指している。

当日は市元 秀則 氏(IVI代表幹事)がオープニングとして「2021年度IVI事業概要」として年間イベントや参加メンバーとWGの活動について次のように説明した。「他社の困りごとや共通の課題を探る」…業務シナリオWG。「デジタル化が進まない社内でボトムアップな手法を取り組みたい」…配信型ワークショップ。「先進的な技術の動向や活用の現実を現場視点で見極めたい」…先進研究分科会。「自社のツールやソリューションを,製造業のニーズの側から検証したい」…実装シナリオWG。「自社の製品やサービスにオープンなプラットフォームの視点を加味したい」…タスクフォース。「スマートシンキングやデータ連携ツールについて,より具体的に知りたい」…チュートリアルセミナー。また6月には総会とサマーカンファレンス,12月にはウインターカンファレンス,10月と3月には公開シンポジウムを予定している。

その後,西岡 靖之 氏(IVI理事長)からは基調トークと2021年度新事業について,また各委員会の委員長から今年度の活動について説明し,今後の活動への積極的な参加を募った。

Industrial Valuechain Initiative – つながるものづくり:https://iv-i.org/  (’21 4/28)

IVIのホームページ

Related Posts

日立製作所,IoT機器の脅威・脆弱性情報を収集・分析するサービスをAIで強化し販売

日立製作所,IoT機器の脅威・脆弱性情報を収集・分析するサービスをAIで強化し販売

日立製作所は,IoT機器などの製品セキュリティにおける脅威・脆弱性情報を収集・分析する「脅威インテリジェンス提供サービス」をAIで機能強化し,2021年4月1日から販売を開始すると発表した。同サービスは,過去のサイバー攻撃事例における業界特有の攻撃パターンや影響などを学習させたAIモデルにより,収集した情報に含まれるセキュリティ要素や業界固有の要素をAIで抽出し,顧客の製品や業界に関わる情報のみを自動的に選別するとともに,サイバー攻撃の脅威に対するリスク評価や影響を分析したレポートを迅速に提供する。

SEMI,300mm半導体ファブ装置の投資額の予測を発表

SEMI,300mm半導体ファブ装置の投資額の予測を発表

SEMIは,最新のレポート「300mm Fab Outlook to 2024」において,300mmファブ投資額が,2020年に前年比13%増加し,2018年に記録された過去最高記録を上回り,2023年には再度の記録更新をするとの予測を明らかにした。

Share This