2021年4月28日

独・ランクセス,2021年度事業活動に関する記者説明会が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
アントンパール・ジャパン

独・特殊化学品メーカー大手のランクセスは2021年4月9日(金),2021年度グローバルでの事業活動に関する記者説明会を開催した。当日はCOVID-19感染拡大予防のためオンラインでの開催となった。

会見でランクセスの張谷 廷河 社長は,2020年度はコロナ禍にも関わらず製造プラントやロジスティクスと原材料供給などの安定稼働が出来た。またコンシューマープロテクション部門を新設するなどポートフォリオの改善や財務体制の強化といった事業を推進した1年を振り返った。

2021年度は,成長分野である電気自動車向けバッテリーの化学品事業において電解液やバッテリー保護向けの難燃剤の強化を始め特殊化学品を提供していくことを発表した。

電池用化学品事業では,リチウムイオン電池材料の世界的大手メーカー広州天賜高新材料股份有限公司(中国広東省広州市:以下天賜材料)と協業し,電池用化学品事業に参入する。ランクセスは天賜材料向けにリチウムイオン電池用電解質の配合製品を2022年から製造を開始する予定である。電池向けの展開と共に特殊化学品の販売を強化していく。

また昨年に続き業界トレンドと持続可能性実現に向けたソリューションを紹介する「ランクセスバーチャルデー in 欧州」を2021年4月19日~23日に開催した。このオンラインイベントは,欧州,中東,アフリカ地区を中心とした幅広いユーザーにランクセスの最新の製品や技術と共に業界トレンドを提供するもの。9つのビジネスユニットの専門家が英語で27のオンラインセミナーを実施した。「建築とコーティング」「ニューモビリティー」「プラスチックと難燃剤の持続可能性実現」「カスタマープロテクション製品と特殊な処理技術」などのトピックを中心に,「持続可能性実現に向けた循環経済の仕組み」やヨーロッパの化学物質戦略など化学業界における包括的な視点からさまざまなコンテンツを提供し,世界各国からオンラインで参加した。潤滑油添加剤の話題としては21日(水)に「E-Mobility Lubricants : a future outlook」,22日(木)には「High level introduction of the sustainable lubricants and additives portfolio」を講演した。(’21 4/28)

張谷社長

Related Posts

Share This