2021年4月21日

ランクセスの高性能プラスチック,新型の自動車用プラスチック製オイルパンに採用

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,同社の高性能プラスチック「デュレタン®(Durethan®) BKV35H2.0」(ポリアミド6)が,独 IBSフィルトラン社の開発した新型の自動車用プラスチック製トランスミッションオイルパンに採用されたと発表した。

ポリアミド類は,トランスミッションオイルパンの製造において,軽量構造,コスト削減につながる機能統合,デザインの自由度など,多くの利点を有しており,特にポリアミド66は,近年,大型射出成形部品の量産に広く使用されている。また,ポリアミド66よりも安価なポリアミド6も同様の目的に適しており,実用化が進んでいる。今回,IBSフィルトラン社はポリアミド6の耐油性と耐熱性を広範囲に調査。様々なトランスミッションオイルを用いて実施された150°Cでの耐久性テストでは,経年変化において同等のポリアミド66と違いがなく,耐衝撃性と破断伸度はポリアミド66よりも若干優れていることが示された。

ポリアミド66は,アジポニトリル(主原料)の不足のために時折価格が高騰し,場合によっては十分な量が入手できない場合があるため,ポリアミド6はその代替品として期待されており,今回「デュレタン(Durethan)BKV35H2.0」ポリアミド6コンパウンドで作られたトランスミッションオイルパンは,最新式のオートマチックトランスミッションの一部として様々な自動車メーカーの車両に導入が進められている。(’21 4/21)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This