2021年4月7日

ENEOS,「EV・PHEV・FCV向けCO2フリー特約 I 」の受付を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,「ENEOSでんき」で顧客が使用する電気を,実質再生可能エネルギー100%とするオプションサービス「EV(電気自動車)・PHEV(プラグインハイブリッド)・FCV(燃料電池自動車)向けCO2フリー特約 I 」の申込受付を開始した。

同サービスは,顧客が使用する電気を,非化石証書の使用によって実質的に再生可能エネルギー由来とみなすことができるオプションメニュー。2020年12月21日以降にEV・PHEV・FCVを新車新規登録または新車新規検査届出した場合に限り,「ENEOSでんき」に付帯して利用でき,ENEOSの要請に基づく電力負荷の調整に協力することを条件に,再生可能エネルギー由来の電気に係る追加料金なく,「ENEOSでんき」の利用プランと同じ料金で提供される。現在「ENEOSでんき」を契約中の利用客も,新規で契約する場合も付帯可能となる。

2020年12月21日以降にEV・PHEV・FCVを購入した顧客は,同サービスに申込むことで,環境省が実施する「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」補助事業の一つである,EV・PHEV・FCV購入者向け補助金を申請することもできる。(’21 4/7)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This