2021年4月7日

出光興産,「千葉北水素ステーション」を開所

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック

出光興産は,千葉市花見川区に「千葉北水素ステーション」を開所した。同ステーションは,成田空港敷地内にある「成田水素ステーション」に続き,同社2か所目の商用水素ステーションとなる。

同社は,カーボンニュートラル(CO2排出量ネットゼロ)を目指し,様々な取り組みを検討しており,同ステーションでは,同社の100%子会社である出光グリーンパワーが供給する再生可能エネルギー100%「プレミアムゼロプラン」の電力を使用する。(’21 4/7)

Related Posts

ENEOS,「大府共栄水素ステーション」を開所

ENEOS,「大府共栄水素ステーション」を開所

ENEOSは,愛知県大府市に「大府共栄水素ステーション」を開所した。同ステーションは,次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けており,同社45ヵ所目,中京圏で7ヵ所目の商用水素ステーションとなる。 同社の水素ステーションには,「単独型」,「SS一体型」,「移動式」の3タイプがあり,大府共栄水素ステーションは,「単独型」として16ヵ所目で,都市ガス改質方式による水素供給で運営する。('21...

中部圏水素利用協議会,中部圏の2030年に向けた水素大規模利用の可能性検討結果を公表

水素の利用推進に取り組む民間企業11社(出光興産,岩谷産業,ENEOS,住友商事,中部電力,東邦ガス,トヨタ自動車,日本エア・リキード,日本製鉄,三井住友フィナンシャルグループ,三菱ケミカル)により,水素大規模利用の可能性を検討する中部圏水素利用協議会は,2017年に政府より出された水素基本戦略の実現に応えるため,中部圏における2030年の水素需要ポテンシャル,海外から大規模水素を輸入するための港湾受入れ基地の必要要件や受入れ基地から各需要地へのサプライチェーンのあり方について産業横断的に検討し,以下の結果を発表した。...

Share This