2021年3月3日

ENEOS,(仮称)山形尾花沢風力発電事業に参画

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,三菱UFJリースの100%子会社であるMULエナジーインベストメントが開発を進めている(仮称)山形尾花沢風力発電事業に関して,環境影響評価法の事業承継手続完了をもって同事業に参画し,両社共同で開発を進めることを発表した。

同事業開発は,山形県尾花沢市において,最大出力17.2MWの陸上風力発電所建設を計画している。山形県は陸上風力発電事業における国内有数の適地で,良好な風況が見込まれる。両社は,国や山形県の再生可能エネルギーに係る取り組みに即する形で,地球温暖化対策や地元自治体の活性化,低炭素化社会の実現に寄与するものとして,本事業開発に取り組む。

両社がこれまで培ってきた,再生可能エネルギー事業に関する知見を生かし,2026年以降の稼働を目指す。(’21 3/3)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This