2021年2月17日

「2021 HYDROGENIUS & I2CNER Tribology Symposium」が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

2021年1月29日(金),「2021 HYDROGENIUS & I2CNER Tribology Symposium(主催:九州大学水素先端科学研究センター,同カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所)」が開催された。

同シンポジウムは水素が関連したトライボロジーの諸問題に取り組む研究者,技術者が集い,研究発表と討議を通じて当該分野に貢献することを目的に開催。今回15回目となった。

当日は九州大学医学部百年講堂(九州大学馬出キャンパス)ならびにオンラインでの配信で行った。

また前日の1月28日(木)にはオンライン配信で「九州水素・燃料電池フォーラム2021」を開催。産業界,政府・自治体から水素エネルギー関係の動向が紹介され,九州大学 水素材料先端科学研究センター センター長の杉村 丈一 教授が,「水素社会構築に向けて~HYDROGENIUSの15年と今後の展望」と題し,金属材料,高分子材料,トライボロジー,水素ガスの熱物性など同研究センターでの研究内容や課題,展望などを紹介した。(’21 2/17)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This