2020年10月14日

イグス,「ドライリンW 直動・旋回ガイド」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
イグスは,直動運動と旋回運動を 1つの製品で実現する「ドライリンW 直動・旋回ガイド」をデザインスタディとして開発した。シートやアームチェアのトレーやディスプレイの前後動作や旋回動作をコンパクトなスペースで簡単に実現できるため,映画館,劇場,航空機内等の座席のほか,トラクターやクレーンの運転席での用途にも使用が可能となっている。

同社は開発において,既に優れた性能が実証されているドライリンW リニアガイドとロータリーテーブルベアリング PRT-04を組み合わせることにより,取付けや加工の時間・コストを削減した。

また,PRT-04のスライド要素には,金属製ボールではなくトライボロジーを最適化したイグリデュール高性能ポリマーを使用。金属製ボールと比べて静音性に優れ,かつ潤滑剤が不要なため,埃や汚れに対する耐性も優れたものとなっている。軽量なプラスチックとアルミニウムを使用し,レールはクリアアルマイト加工することで実用的機能に加えて洗練されたデザインも考慮している。(’20 9/14)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This