2020年9月30日

ENEOS,東京高輪ゲートウェイ水素ステーションを開所

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,「東京高輪ゲートウェイ水素ステーション(東京都港区)」を開所した。同ステーションは,燃料電池自動車(FCV)に水素を供給する,同社で43ヵ所目の商用水素ステーションとなる。

同社は,JR東日本から高輪ゲートウェイ駅に隣接する敷地の提供を受け、ステーションの建設を進めてきた。同ステーションは東京2020オリンピック・パラリンピック大会用車両に水素を供給する水素ステーションの1つとなる予定。(’20 9/30)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This