2020年9月9日

ブルカージャパン,「トライボロジーウェビナー~材料評価における潤滑と表面粗さ~」を9/25に開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部は,2020年9月25日(金)にオンラインセミナー「トライボロジーウェビナー~材料評価における潤滑と表面粗さ~」を開催する。

同ウェビナーでは,西川 宏志 氏(九州工業大学)を招き,転がり軸受に代表される多くの油潤滑下の機械要素接触部の運転状態である弾性流体潤滑(EHL)下で生じる現象の基礎と,表面粗さと摩擦係数に関する研究などについて講演する。また,同社よりトライボロジー評価と表面形状,表面粗さ計測などの応用事例を紹介する。同ウェビナーの概要や申込み・問合せ先は以下のとおり。

    • 日程:2020年9月25日(金) 13:30~15:20
    • 形式:オンラインセミナー
    • プログラム:
      13:30~13:35 ご挨拶
      13:35~14:30 【特別講演】「弾性流体潤滑(EHL)の基礎と摩擦に及ぼす表面粗さの影響」……西川 宏志 氏(九州工業大学 大学院工学研究院 機械知能工学研究系 トライボロジー研究室 助教)
      14:30~14:55 「多機能摩擦摩耗試験機 UMT-TriboLabのご紹介」……塚本 和己 氏(ブルカージャパン ナノ表面計測事業部 アプリケーション部)
      14:55~15:20 「3次元白色干渉型顕微鏡によるオートモーティブ向け高精度計測」……寺山 剛司 氏(同上)

 

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This