2020年9月9日

出光興産,BASF出光の合弁契約解消,BDO事業から撤退

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産は,ドイツ・BASF SE社との,石油化学製品1,4-ブタンジオール(BDO)の製造・販売事業を行うBASF出光(BASF67%,出光33%,以下BIC)の合弁契約を解消し,BDO事業から撤退することを決定したと発表した。BDOは伸縮性繊維やエンジニアリングプラスチックの原料として使われる有機化合物。近年,国内需要の減少,アジアでの設備新増設による供給過剰などで事業環境が悪化しており,事業継続は困難と判断した。

出光の千葉事業所内にあるBICの製造設備(25,000t/年)は2020年12月に停止し,その後合弁契約を解消する。BICのBDO事業はBASFグループが承継し,既存の顧客への供給を継続する。(’20 9/9)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This