2020年7月8日

キャプテンインダストリーズ,飛沫感染防止用パネルを発売

アーステック
共催セミナー

キャプテンインダストリーズは,対面での感染不安を少しでも払拭し安心なコミュニケーショを実現するため,ドイツ・ヘマ(HEMA)社が開発した,透明ポリカーボネート板をパネルに使用した自立式の「飛沫感染防止用ポリカーボネート・パネル」を発売した。

ポリカーボネートは,耐火性、耐薬性、耐摩耗性、耐衝撃性に優れた素材。同製品は,パネルの高さを任意で調整可能で,書類のやり取りが必要なカウンターなどでは下部に最大20mmの隙間を作ることもできる。また,組み立て・分解・高さ調整等が簡単な構造となっている。6タイプの定型品のほか、現場の形状に合わせたカスタム成形も可能。

飛沫による新型コロナウイルスの感染防止が目的で,医療・福祉施設,自治体・企業の窓口カウンターなどのオフィス全般,レストラン,商業施設等での利用を見込んでいる。(’20 7/8)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This