2020年2月5日

「再生可能エネルギー長期安定電源推進協会」が発足

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
リニューアブル・ジャパン,東急不動産,JXTGエネルギー,東京ガス,オリックスの5社は,再生可能エネルギーを長期安定電源とすることを目的に,2019年12月18日に「一般社団法人再生可能エネルギー長期安定電源推進協会(Renewable Energy Association for Sustainable Power supply:REASP)」を発足した。

REASPは社会の礎になるエネルギー供給するという使命感を持ったエネルギー事業者,金融機関を中心とした団体で,長期安定的な事業モデルの構築,コスト削減,再エネ電源の有効活用などについて,関係省庁への提言活動や地域との連携を図るなど,再生エネルギー事業者の発言力強化を図り,再生可能エネルギーの長期安定供給できる仕組み作りを行っていく。

再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の10年間の買い取り期間満了を迎える家庭も出始めたことで,再生可能エネルギーや電力小売で,業界団体設立など企業間の連携強化が進んでいる。(’20 2/5)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This