2020年2月5日

「再生可能エネルギー長期安定電源推進協会」が発足

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
リニューアブル・ジャパン,東急不動産,JXTGエネルギー,東京ガス,オリックスの5社は,再生可能エネルギーを長期安定電源とすることを目的に,2019年12月18日に「一般社団法人再生可能エネルギー長期安定電源推進協会(Renewable Energy Association for Sustainable Power supply:REASP)」を発足した。

REASPは社会の礎になるエネルギー供給するという使命感を持ったエネルギー事業者,金融機関を中心とした団体で,長期安定的な事業モデルの構築,コスト削減,再エネ電源の有効活用などについて,関係省庁への提言活動や地域との連携を図るなど,再生エネルギー事業者の発言力強化を図り,再生可能エネルギーの長期安定供給できる仕組み作りを行っていく。

再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の10年間の買い取り期間満了を迎える家庭も出始めたことで,再生可能エネルギーや電力小売で,業界団体設立など企業間の連携強化が進んでいる。(’20 2/5)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This