2019年10月30日

第24回「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」,11/20に開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

第24回「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」(主催:「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」実行委員会)が,2019年11月20日(水)に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される。今回のテーマは「エネルギー供給のサステナビリティと拡大するESG投資~エネルギービジネスの変化と展望~」。高まる気候変動リスクに対し,ビジネス界に具体的な取り組みを要請する投資家の動きはESG(環境・社会・企業統治)投資として注目されている。化石燃料を扱うエネルギー企業には,特に積極的な取り組みが求められている。同シンポジウムでは,エネルギービジネスの今後について,投資家や民間企業,行政,学識経験者といったパネリストがディスカッションを行う。概要は以下のとおり。

  • 日時:2019年11月20日(水) 14:00~16:00(13:30開場)
  • 会場:東京国際フォーラム ホールC(東京都千代田区)
  • 参加費:無料
  • パネルディスカッション
    パネリスト
    髙橋 泰三 氏(資源エネルギー庁 長官)
    高村 ゆかり 氏(東京大学 未来ビジョン研究センター教授)
    竹ケ原 啓介 氏(日本政策投資銀行 執行役員 産業調査本部副本部長 兼 経営企画部サステナビリティ経営室長)
    中原 俊也 氏(JXTGエネルギー 取締役常務執行役員)
    山下 ゆかり 氏(日本エネルギー経済研究所 理事 計量分析ユニット担任)
    コーディネーター
    関口 博之 氏(NHK解説委員)
  • 詳細・申し込み:http://www.energysymposium.jp/  (’19 10/30)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This