2019年9月11日

2019年3月末現在の自家用乗用車の普及台数

アーステック
共催セミナー

 自動車検査登録情報協会がまとめた2019年3月末現在の自家用乗用車(タクシーなど事業用を除く乗用車。登録車と軽自動車の合計)の世帯当たりの普及台数は,前年から0.006台減の1.052台に減少した。2019年は保有台数で19万台,世帯数で52万世帯増加し,保有台数の伸び率に比べ世帯数の伸び率が大きかった。近年は保有台数の伸び率の鈍化により,世帯当たりの普及台数はやや微減傾向にある

 都道府県別の普及上位は福井が1.736台,富山が1.681台,山形が1.671台,群馬が1.625台,栃木が1.603台と続き,上位12県が1.5台以上となっている。1台に満たないのは,東京が0.432台,大阪が0.645台,神奈川が0.705台,京都が0.820台,兵庫が0.909台,埼玉が0.970台,千葉が0.972台となっている。(’19 9/11)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This