2018年10月24日

ランクセス,マサチューセッツ大学アマースト校との産学共同研究プロジェクトにおける連携を強化

アーステック
共催セミナー

 ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセス(LANXESS)のウレタンシステムズビジネスユニットは,米国マサチューセッツ大学アマースト校の産学共同高分子研究センター(CUMIRP)との研究プロジェクトへの参加期間を延長するとともに,その範囲を拡大することを決定した。これにより同ビジネススユニットは,2018年10月より,これまでの研究分野に加え,高分子複合材の力学および高度生産に関する研究,CUMIRPのクラスターMにも参加する。
 このクラスター研究の分野のひとつに,積層造形の技術革新および次世代3Dプリンティングの構築がある。この取り組みは,優れた界面強度を有し,焼結度または反応速度が高い樹脂の生成に重点を置いており,積層造形は同ビジネスユニットの戦略の焦点となっている。(’18 10/24)

Related Posts

Share This