2018年9月5日

ダウ・ケミカル日本,西日本豪雨の被災地域へ給水袋を寄贈

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 ダウ・ケミカル日本は,西日本豪雨の被災地の復興支援に向けて,A-PADジャパン(アジアパシフィックアライアンス・ジャパン)とCivic Force(シビックフォース)の合同緊急支援チームに対して給水袋2,000袋を寄贈した。この給水袋は,ダウの事業部門であるダウ・パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチックの「PacXpert(パックエキスパート)」包装技術により製造された包装材で,日本では,共同印刷およびタキガワ・コーポレーション・ジャパンとライセンス契約を締結している。袋の上部に取り付けられたキャップや,上下にある本体と一体化したハンドルにより,内容物の出し入れを正確かつ簡単に行うことが可能。中身が入っていないときは小さく折り畳むことのできる軟包装コンテナーで,中身が入ると立方体形状になり自立する。また,中身が液体の場合は,内容物が減っても自立性を保つ。2,000袋のうち1,000袋はダウ単独で,もう1,000袋はダウとタキガワ・コーポレーション・ジャパンの連名により寄贈された。(’18 9/5)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This