2017年11月1日

「機能性コーティングの最適設計技術研究会」開催される

アーステック
共催セミナー

 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である機能性コーティングの最適設計技術研究会(主査:上坂 裕之 氏,岐阜大学)は,2017年10月13日(金),神奈川県立産業技術総合研究所(神奈川県海老名市)にて2017年度第10期 第1回(通算第13回)となる研究会を開催した。
 同研究会は,CNx,DLC等の硬質炭素系皮膜や二硫化モリブデン等の固体潤滑皮膜を実用化する上で重要な,コーティングの最適設計技術の向上を目指し,幅広い分野の研究者,技術者による話題提供や討論を行っている。
 今年度第1回となる今回は,主査の上坂 裕之 氏(岐阜大学)の挨拶の後,前主査である元 神奈川県立産業技術研究所(現 Kano Consulting Office)の加納 眞 氏による「DLC潤滑下の超潤滑現象と摩耗;Scientific Reportsの概略とSRV試験でのDLC摩耗に及ぼすストロークの影響」,東京大学の野坂 正隆 氏による「DLC膜におけるFriction Fade Out(FFO)現象の新展開」の2件の話題提供と神奈川県立産業技術研究所の研究概要やトライボロジー関連装置,成膜や分析装置などの見学を行った。(’17 11/1)

Related Posts

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

日本とアジア約22,000社の会員を有し,製造業ビジネスマッチングプラットフォーム「エミダス」を運営するNCネットワークは,大手メーカーの試作開発パートナーや調達先探しに特化した工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能として,大手メーカーが探している案件を中小製造業に発信(リクエスト)し,案件に提案(応募)ができる「リクエスト機能」をリリースした。

Share This