2024年1月17日

三洋化成工業,複雑で多様な匂いを可視化する匂いセンサー「FlavoTone」の販売開始

アーステック

三洋化成工業は,複雑で多様な匂いを可視化することができる匂いセンサー「FlavoTone(フラボトーン)」の販売を開始した。

人間の鼻は,匂い分子が嗅覚受容体に吸着すると嗅覚細胞から電気的な信号が発せられ,その信号が脳に伝達されることで匂いを識別すると考えられている。同センサーは,この嗅覚と同様のメカニズムで,嗅覚受容体に相当する匂い応答材料,匂い分子が吸着することによる電気特性の変化で匂いを検知するプローブ,得られた信号パターンから匂いを識別する解析アプリからなり,複雑な匂いを可視化することができる装置である。

同社は同センサーにより,食品,医療・ヘルスケア,香粧品,安全・防災,工場,環境など多様な分野において,効率・利便性・精度向上,異常検知,マーケティング・ブランディングの促進など,新しい価値を提供できるとしている。また機器の販売だけでなく,レンタルや受託分析,個別の課題に対するソリューション提案などのサービス提供も行っており,匂いセンサーに関する新サイトも公開した。

匂いセンサーサイト https://kaori.sanyo-chemical.co.jp/  (’24 1/17)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This