2024年1月10日

NTN,移動型独立電源「N³エヌキューブ」の新モデルを発表

アーステック

NTNは,移動型独立電源「N³エヌキューブ」の新モデルとして,パーソナルモビリティや自動販売機に給電可能な充電ステーションモデルを開発した。

「N³エヌキューブ」は小型風車と太陽光パネル,蓄電池をコンテナに格納した移動型独立電源。トラックなどにより持ち運びが可能な高い機動性が特長で,コンテナ内部のカスタマイズもできる。再生可能エネルギー100%で稼働が可能となる点や,機動性の高さを生かして災害時には電力を必要とする地域にすばやく給電できる点などが評価され,これまでにエアコンを備え付けた防災倉庫や水防センター,処理槽付きの循環式水洗トイレ,エアコンや照明,Wi-Fi機器などを完備したバス停の待合室などで採用されている。

今回開発された新モデルは,電動自転車や電動キックボードなどのパーソナルモビリティで観光や災害時の移動手段を確保する充電施設を備える。また,ベンチやベッドの設置により,休憩施設や授乳室,おむつ替え施設としても利用できるほか,発電した電力で室内照明やエアコン,自動販売機を稼働し,災害発生時にも利用可能となっている。(’24 1/10)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

Share This