2023年7月26日

ENEOS,国内初製造の合成燃料で実装走行を実施

アーステック

ENEOSは,富士スピードウェイ内のトヨタ交通安全センターモビリタにおいて,国内初製造となる合成燃料を,実際の車両に充填した走行デモンストレーションを実施した。

今回,トヨタ自動車の協力のもと,プリウスPHVとGR86の2台の走行車両を使用しての走行デモンストレーションが実施された。9Lのガソリンが入っている車両に,合成燃料1Lを充填。デモ走行および体験走行は,ドライバー,同乗者を変えて行われたが,記念すべき最初の走行では,トヨタ自動車の執行役員社長・CEOの佐藤 恒治 氏がハンドルを握るプリウスにENEOS代表取締役社長 社長執行役員の齊藤 猛 氏が同乗した。走行後,「合成燃料が10%ということもありますが,通常の自動車の運転感覚とまったく変わりませんでした」と語る佐藤 氏を,齊藤 氏は「さすがのドライビングテクニックでした」と讃えた。

デモ走行前の式典で,ENEOS常務執行役員 藤山 優一郎 氏は,「合成燃料は既存の石油製品に非常に近い成分で構成されており,また液体であるため,製油所設備,燃料の流通インフラおよび自動車や航空機等について全て既存のものをそのまま使用できる」と合成燃料の強みをアピールした。また,現在は1日あたり1バレル(ドラム缶1本分程度)の小規模プラントを建設中だが,2027~28年度の運転を目標に,1日あたり300バレルを製造できる大規模パイロットプラントを作る計画があることを示唆した。(’23 7/26)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This