2023年5月17日

イグス,新ロータリーテーブルベアリング「PRT-04マイクロ」を開発

アーステック

イグスは,軽量コンパクトなイグリデュール ロータリーテーブルベアリングPRT-04シリーズで,新たに「PRT-04マイクロ」を開発した。

同製品は,外径60mmで,同社のPRTシリーズの中で最も小さな取り付けサイズとなり,3つのアルミ製リングと,ボールやローラーの代わりとなるスライド部で構成されている。小さな設置スペースでの滑らかな回転・旋回運動と,軽量化の実現により,可動式の照明器具(ムービングヘッド),電車や飛行機の座席テーブル,自動車内での利用など多様な用途に適用できる。また,PRT-04に合わせて開発したスライド部は,アルミニウムとの相性が良い高機能ポリマーのイグリデュールJ製。低摩耗性が特長で,吸湿性が低く,耐薬品性にも優れている。さらに,スライド部のイグリデュール材質には固体潤滑剤が含まれており,無潤滑動作が可能なため,ベアリングの耐久性の向上とメンテナンスフリーを同時に実現している。(’23 5/17)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This