2023年3月22日

出光興産と東レ,バイオマスABS樹脂のサプライチェーン構築を発表

アーステック

出光興産と東レは,バイオマスナフサを原料としたバイオマスプラスチックのサプライチェーンを構築し,バイオマスナフサ由来のスチレンモノマー(バイオマスSM)の製造ならびにバイオマスSMを原料としたアクリロニトリルブタジエンスチレン(バイオマスABS樹脂)を製造することに合意した。

ABS樹脂は,SM,アクリロニトリルおよびブタジエンから作られる熱可塑性ポリマー。硬度と耐衝撃性の特性を有しており,自動車,電子機器,玩具などのさまざまな分野で使用されている。SMメーカーである出光興産が,マスバランス方式にてバイオマスSMを原料として製造し,プラスチックメーカーである東レが,千葉工場においてバイオマスABS樹脂を製造する。同樹脂の製造は国内初の事例で,2023年10月の製造開始を予定している。

マスバランス方式は,原料から製品への加工・流通工程において,ある特性を持った原料(例:バイオマス由来原料)がそうでない原料(例:石油由来原料)と混合される場合に,その特性を持った原料の投入量に応じて,製品の一部に対してその特性の割り当てを行う手法。

バイオマスナフサは,植物由来の原材料などから製造されているため,石油由来のナフサと比べてCO₂排出量を抑制することができる。両社は今回の取り組みを通して,カーボンニュートラル・循環型社会へのマテリアルトランジションを目指すとしている。(’23 3/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This