2023年2月22日

ENEOS,国内CCS貯留事業調査に向けた合弁会社設立を決定

アーステック

ENEOS,JX石油開発および電源開発(以下,Jパワー)の3社は,国内CCS(Carbon dioxide Capture and Storage。CO₂の回収・貯留)の事業化に向けた準備を加速するため,合弁会社「西日本カーボン貯留調査株式会社」の設立を決定した。

3社は,CO₂排出量削減を図るべく,国内での大規模なCCSの事業化調査に共同で取り組んでいる。加えて,カーボンニュートラルに積極的に取り組むさまざまな事業者とも連携し,2030年に向け国内で初めての本格的なCCSサプライチェーンを実装することで,エネルギーの安定供給を果たしつつ,日本の温室効果ガス排出削減目標の達成への貢献を目指している。

同合弁会社は,2030年のCO₂圧入開始を目指し,地域,地方自治体および国・関係機関の理解と協力を得ながら,ENEOSとJパワーの排出源が立地しCO₂貯留ポテンシャルが見込まれる西日本地域において,CO₂貯留候補地選定のための探査・評価などの事業化に向けた準備を推進していく。(’23 2/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This