2023年2月15日

出光興産,アイマーブの生産拠点集約

アーステック

出光興産は,国内でのアイマーブ(水添石油樹脂)の生産を停止し,生産拠点を台湾に集約すると発表した。

アイマーブは,同社が独自開発した無色透明の水添石油樹脂で,ホットメルト接着剤の粘着付与剤やポリオレフィン用樹脂改質剤の原料として使用されている。1993年より徳山事業所にてアイマーブ製造装置の稼働を開始し,2020年には台湾の台塑石化股份有限公司(Formosa Petrochemical Corp.)との合弁会社である台塑出光特用化学品股份有限公司(Idemitsu Formosa Specialty Chemicals Corporation)に第2製造装置を稼働開始させ,国内外での事業展開をしてきた。

しかし,昨今中国での急激な生産能力の増強により需給バランスが崩れたため,検討の結果,今後は徳山事業所内の製造装置を2023年3月までに停止し,アイマーブの生産を台湾に集約する。(’23 2/15)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This