2023年2月8日

イグスの組立式ロボットアーム「ロボリンク」が「indexPro Award 2022」を受賞

アーステック

イグスは,組立式ロボットアーム「ロボリンク」が,インデックスプロ社が主催する「indexPro Award 2022」(indexProアワード)で,自動化システム部門賞を受賞したと発表した。

indexProアワードは,2021年10月~2022年9月までの1年間に,インデックスプロ社が運営する「indexpro.co.jp」利用者のクリック数が多い製品や企業を対象としたもので,第5回となる今回は,総合賞3社と部門賞16社,合わせて19の受賞者にトロフィーと賞状が贈られた。

自動化システム部門賞を受賞したロボリンクは,イグスの高機能樹脂によって摩擦特性を最適化した関節部を備える,軽量な多関節ロボットアームで,最大5自由度,可動範囲は最大790mm,最大可搬重量は3kgとなる。組立品として利用するほか,用途に合わせてエンコーダや制御システムの有無も選択できる。パレタイジングやピック&プレース,試験装置などの用途でメンテナンスフリーや長寿命化を実現する。(’23 2/8)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This