2022年10月26日

出光興産,愛知製油所の名称を「愛知事業所」へ変更,開所式が開催される

アーステック

出光興産は,2022年10月1日に愛知製油所の名称を「愛知事業所」に変更し,10月3日に開所式を開催した。

同社は,国内石油製品の構造的な需要減退や,アジアの経済成長に伴う石油化学製品市場の成長を見据え,精製/科学のインテグレーションに取り組んでいる。グループ製油所全体の競争力向上と価値最大化のため,これまで以上に揮発油留分を高付加価値の石油化学原料の生産・供給に活用することを目的に,2021年10月にENEOSと締結した,ENEOS知多事業所の石油化学製品製造設備の譲渡(譲受)契約に基づく同設備の譲受が,2022年10月1日に予定通り完了した。これに伴い愛知製油所の名称を変更し,1事業所2地区体制での一体運営を開始した。

所内関係者や協力会社が参加した開所式では,来賓挨拶およびテープカットのほか,記念撮影を行った。(’22 10/26)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This