2022年10月5日

イグス,食品機械の洗浄に対応したリニアアクチュエータを開発

アーステック

イグスは,FDA準拠材質を使用し,衛生設計のガイドラインに基づいた「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。独自の高機能ポリマー技術により,洗浄が容易で無潤滑・メンテナンスフリーを実現しているため,食品機械の洗浄で課題となるダウンタイムとコストの削減に大きく貢献する。

同製品は,生地がたまりやすい場所を最小限にし,ねじ部の隙間が無い構造を実現。また,角を丸くすることで,高圧洗浄の際に水の流れがよくなり,汚れの粒子を運びやすくしている。そのため,水が滞留することもなく,雑菌の発生を抑える。どうしても水が滞留しやすい場所には穴を設け,液体が完全に排出されるようにしている。また,軸端サポートとキャリッジは,耐食性に優れたステンレス製で,レール上を走行するキャリッジの軸受部は,食品接触向け高機能ポリマーであるイグリデュールA160製のため,無潤滑の低摩擦運転が可能。汚染リスクのある外部潤滑剤は不要で,非常に高い耐久性も実現している。(’22 10/5)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This