2022年8月24日

ランクセス,ハロゲンフリー,難燃性を備える新たなPBTコンパウンドを開発

アーステック

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,高電圧コネクタ用に,ハロゲンフリー,難燃性と加水分解安定性を備える新たなPBT(ポリブチレンテレフタレート)コンパウンド「ポカン®(Pocan®) BFN HR」を開発したことを発表した。

同製品は,高次元の体積抵抗と絶縁耐力を特徴としており,国際電気標準会議(IEC)規格(IEC 62431-1)において,140°Cまでの温度で30キロボルト/ミリメートルを超える値を示した。耐トラッキング性を測るCTIテスト(比較追跡指数IEC 60112)規格では,最高クラスであるCTI A 600を達成した。耐トラッキング性の向上により,沿面電流による短絡や不良のリスクを低減し,小型化ニーズにも対応する。120°Cの経年加熱劣化試験や耐候性試験においても,耐トラッキング性の低下はほとんどない。

また,同製品は,25%重量のガラス繊維で強化されており,安定した加水分解性を有する。米国自動車技術会(SAE)の厳格なSAE/USCAR-2 Rev .6長期加水分解試験に基づく試験片試験において,クラス3の良好な評価を取得した。加えて,米国の試験機関であるアンダーライターズ・ラボラトリーズ・インクの燃焼性UL94規格において,試験片の厚みが0.75mmでV-0という優れた分類で合格したことから,優れた難燃性も証明されている。

同社は,高電圧コネクタ以外にも,エレクトロモビリティや小型電気・電子アセンブリの製造において,小型コネクタ,小型回路遮断器,端子台,その他の類似の用途に,同製品の利用を考えている。(’22 8/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This