2022年5月18日

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

ENEOSは,電動モビリティをはじめとするバッテリー循環利用の仕組み「BaaS(Battery as a Service)プラットフォーム」構築を通じて,電動モビリティの普及の課題である「長時間充電の面倒さ」,「外出時のバッテリー充電切れへの懸念」を,エネルギー供給事業者という立場から解決し,循環型社会の実現に貢献することを目指している。一方,Honda,カワサキモータース,スズキ,およびヤマハ発動機は,環境意識の高まりの中,より環境にやさしく利便性の高いモビリティとしての電動二輪車普及に向けた,電動二輪車用交換式バッテリーの共通仕様合意,そして,共通利用環境整備の検討を進めている。

Gachacoは,2022年秋をめどに,電動二輪車の共通仕様に適合したバッテリー「Honda Mobile Power Pack e:」のシェアリングサービスを東京などの大都市圏から開始することを予定しており,バッテリー交換ステーションである「Honda Mobile Power Pack Exchanger e:」を,駅前などの利便性の高い場所や,ENEOSのサービスステーションなどへ設置することを検討している。また,将来的に電動二輪車用だけでなく,商業施設や住宅等に設置する蓄電池などの様々な製品においても共通仕様バッテリー利用促進を目指している。Gachacoのシェアリングサービスで発生した消耗バッテリーは,ENEOSが検討している「BaaSプラットフォーム」を通して,2次利用・3次利用・リサイクルすることで,バッテリーの循環利用を促進する。(’22 5/18)

Related Posts

Share This