2022年3月16日

2021年10月~12月の小型工作機械受注実績

アーステック
共催セミナー

日本精密機械工業会が発表した2021年10月~12月の小型工作機械受注実績は,前年同期比19.6%増の371億7,982万5,000円だった。

NC小型工作機械は同24.6%増の313億6,246万8,000円,うちNC小型旋盤が同22.1%増の209億3,283万7,000円,NC小型フライス盤が同13.6%増の10億6,985万円,NC小型研削盤が同23.3%増の18億5,039万8,000円,小型マシニングセンタが同57.1%増の14億1,246万6,000円,その他のNC小型工作機械が同30.5%増の60億9,691万7,000円。

非NC小型工作機械は同42.5%増の18億4,812万9,000円,うち小型旋盤が同301.5%増の3,794万6,000円,小型研削盤が同69.1%増の3億5,892万5,000円,その他の小型工作機械が同34.9%増の14億5,125万8,000円だった。

また,小型工作機械輸出金額の総額は同19.6%増の232億1,335万6,000円で,輸出比率は62.4%だった。うちNC小型工作機械は同18.0%増の219億4,720万円,非NC小型工作機械は同30.0%増の6億1,509万4,000円。(’22 3/16)

Related Posts

Share This