2022年2月2日

ジェイテクト,高耐熱リチウムイオンキャパシタが第35回中日産業技術賞経済産業大臣賞を受賞

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ジェイテクトは,中日新聞社主催第35回中日産業技術賞において,同社の高耐熱リチウムイオンキャパシタが,以下の内容で評価され経済産業大臣賞を受賞したと発表した。

  • 長寿命でメンテナンスフリー,かつパワーがある蓄電装置
  • 耐熱性,耐久性と出力の高さ
  • 高い安全性

高耐熱リチウムイオンキャパシタは,二次電池に分類される蓄電デバイスで,電気の出入り(放電・充電)が非常に早く,出力密度に優れる。また,繰り返し充放電による性能劣化が少なく,電池寿命が長いことなども特長である。同社の独自技術により従来のキャパシタの動作温度範囲を凌駕する-40~85℃での使用を実現,電圧制御をすることで100℃まで使用可能とした。

同賞は日本経済の根幹をなす産業技術の発展に資することを目的に1986年に創設,優れた技術・製品の開発に対し,顕彰を行っている。(’22 2/2)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This