2022年1月12日

トライボコーティング技術研究会,2021年度第3回研究会が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2021年12月10日(金)に東京都立産業技術研究センター(略称:都産技研・東京都江東区)で2021年度「第3回研究会」を開催した。

当日は大森 会長の挨拶の後,川口 雅弘 氏・齋藤 庸賀 氏(都産技研)が「特殊環境下における超低摩擦化現象に関する研究」,柚木 俊二 氏(都産技研)が「ヘルスケア産業支援の対象となるトライボロジーと計測機器」を講演,その後都産技研ヘルスケア産業支援室の見学を行うなど,都産技研の研究の最前線や民間企業が参加する研究支援の施設や内容を紹介した。

2022年2月25日(金)には第24回「トライボコーティングの現状と将来―摩擦界面の解析と固体潤滑,DLCコーティングの最前線,薄膜研磨・デバイス開発―」を開催する。当日は第14回岩木賞を受賞した,埼玉工業大学の長谷 亜蘭 氏,川邑研究所の川邑 正広 氏,ティ・ディ・シーの赤羽 優子 氏が記念講演を行う予定。(’22 1/12)

アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第101回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2022年2月25日(金),御茶ノ水トライエッジカンファレンス(リアル,東京都千代田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第101回研究会「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」を開催する。

Share This