2021年12月22日

ENEOSと横浜市,臨海部における水素供給インフラ整備に関する連携協定を締結

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,横浜市と,同市の臨海部における水素サプライチェーン構築に向けた水素供給インフラ整備を促進するため,連携協定を締結したことを発表した。

同市の臨海部は,輸出入等を担う重要な物流拠点として港湾が整備されており,製造業も集積していることから,高い水素利用ポテンシャルが見込まれている。同社は,同市との包括的な連携により,当該エリアにおける水素サプライチェーン構築の取組みをさらに加速するため,同協定を締結することとなった。

同協定の締結により,同市内の水素供給インフラの整備を連携して推進するとともに,水素供給・利用促進のための活動で広く連携することとなる。

<連携協定内容>
(1)水素の輸入・貯蔵・供給・利用を促進するためのインフラ整備
(2)水素供給・利活用促進に資する活動  (’21 12/22)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This