2021年12月22日

最先端科学・分析システム&ソリューション展「JASIS 2021」開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

2021年11月8日(月)~10日(水)の3日間,幕張メッセ(千葉市美浜区)でアジア最大級の最先端科学・分析システム&ソリューション展「JASIS 2021」(主催:日本分析機器工業会,日本科学機器協会)が開催され,3日間で計8,490名が来場した。

昨年同様,リアルとWebを融合したハイブリッド展示会として開催。リアル展示会では約270社・872小間が出展し,最先端の分析機器,科学機器などが展示された。

隣接する国際会議場では,出展企業による新製品・新技術を紹介する「新技術説明会」が200件以上開催されたほか,「JASISトピックスセミナー」では,分析・科学機器業界注目のテーマごとに,食品規制や環境規制,バイオ医薬の現状,カーボンニュートラル社会の実現に向けたブレークスルーと分析機器への期待など,現在の社会の様々な課題解決に関わるトピックスを専門家や有識者が講演・解説した。

今年で5年目の開催となる「JASIS WebExpo®」は,2021年9月8日(木)~2022年3月15日(火)まで開催される。バーチャル展示会場では,約80社・機関が出展。従来よりもコンテンツを大幅に拡充し,幕張会場で開催されたセミナーも閲覧できる。「JASIS WebExpo®」は以下のURLより。

JASIS WebExpo® URL https://www.jasis.jp/webexpo/  (’21 12/22)
JASIS 2021会場
東陽テクニカブース-JASIS 2021
オックスフォードブース-JASIS 2021
JASIS WebExpo

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This