2021年12月15日

ENEOS,北九州市で再エネからCO₂フリー水素を製造,福岡県内で利活用する実証事業を開始

アーステック
共催セミナー

福岡県,北九州市,北九州パワー,IHI,福岡酸素,ENEOSは,環境省の水素モデル構築・実証事業に採択されたことを受け,2020年11月から北九州市響灘地区において,再エネの余剰電力からCO₂フリー水素を製造し,福岡県内各地に運搬して利用するサプライチェーンモデルの構築の検討を進めてきた。水素製造設備が完成し本格的に運用を開始するにあたり,開所式が行われた。

同実証事業では,北九州市響灘地区に集積する太陽光発電や風力発電,北九州市内のごみ発電(バイオマス)といった,複数の再エネ余剰電力を効率よく調達するエネルギーマネジメントシステムを開発・導入することで,CO₂フリー水素の低コスト化を図る。また,作られた水素を,響灘の物流施設,北九州水素タウンのパイプライン,県内各地の水素ステーションに運んで使うという,一連のサプライチェーンを実際に運用する中で,水電解装置等の機器の規模や運用方法,安価な電力の調達などのシミュレーションもあわせて行い,低コストなCO₂フリー水素の製造・供給モデルを構築する。(’21 12/15)

Related Posts

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

2024年6月24日(月),エッサム神田ホール(東京都千代田区)およびオンライン(Microsoft Teams)によるハイブリッド形式にて「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」(主催:潤滑通信社,技術オフィス・村上)が開催される。

Share This