2021年12月15日

ENEOS,北九州市で再エネからCO₂フリー水素を製造,福岡県内で利活用する実証事業を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

福岡県,北九州市,北九州パワー,IHI,福岡酸素,ENEOSは,環境省の水素モデル構築・実証事業に採択されたことを受け,2020年11月から北九州市響灘地区において,再エネの余剰電力からCO₂フリー水素を製造し,福岡県内各地に運搬して利用するサプライチェーンモデルの構築の検討を進めてきた。水素製造設備が完成し本格的に運用を開始するにあたり,開所式が行われた。

同実証事業では,北九州市響灘地区に集積する太陽光発電や風力発電,北九州市内のごみ発電(バイオマス)といった,複数の再エネ余剰電力を効率よく調達するエネルギーマネジメントシステムを開発・導入することで,CO₂フリー水素の低コスト化を図る。また,作られた水素を,響灘の物流施設,北九州水素タウンのパイプライン,県内各地の水素ステーションに運んで使うという,一連のサプライチェーンを実際に運用する中で,水電解装置等の機器の規模や運用方法,安価な電力の調達などのシミュレーションもあわせて行い,低コストなCO₂フリー水素の製造・供給モデルを構築する。(’21 12/15)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This