2021年10月20日

イグス,最大4種類の材質によるマルチマテリアル3Dプリントを実現

アーステック
共催セミナー

イグスは,耐久性,耐摩耗性を備えた複雑な形状の3Dプリント部品を,最大4種類の材質を使ったマルチマテリアルプリントで実現した。これにより,多機能で耐摩耗性のある特殊部品を,ワンステップで迅速かつ経済的に製造することが可能となった。

一つの部品に複数の特性を持たせるためには,通常複数の工程を経て部品を製造する必要があるが,この方法で少量生産の場合,コストが高くなってしまうため,同社は,2020年から複数の材質を使ったマルチマテリアルプリントを開発し,耐久性を備えた特殊部品の製造を実現してきた。異なる材質を組み合わせて一度の作業で製造することで,設計自由度が高くなり,工数を削減することに成功した。

今回,このサービスを拡充し,最大4種類の材質を用いた多機能部品を一工程で製造できるようになった。耐摩耗性と弾力性を兼ね備えた部品や,インテリジェントな特殊部品を製造することができ,装置,工具,特殊機械向けなどの部品を最低発注数量なく,経済的に製造することが可能となった。(’21 10/20)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This