2021年9月15日

ENEOS,オリジン社と日豪間CO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは、豪州企業オリジン社(Origin Energy)と日豪間のCO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を実施することとし,今回,両社で覚書を締結したことを発表した。

オリジン社は,天然ガス田の開発から電力・ガスの販売まで豊富な実績を持つ豪州の大手総合エネルギー企業。今回の協業検討は豪州クイーンズランド州で実施し,両社は,安価で安定的な再エネ電力由来の水素の供給可能性について検証を進めていく。具体的には,オリジン社は再エネ電力の安定供給および水素を製造する水電解槽について,ENEOSは水素の貯蔵・輸送形態の一つであるMCH(メチルシクロヘキサン)の効率的な製造および日本への海上輸送についての検討を行う。

タンカー,貯蔵タンク,脱水素装置等の設備は,既存のENEOSの石油関連インフラをCO₂フリー水素サプライチェーンにおいても活用することが可能であることから,新規投資を抑制しつつ新たなエネルギーの供給体制を築くことが可能となる。(’21 9/15)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOSは,同社がCO₂フリー水素サプライチェーンの構築に向けて実施する4件の実証事業が,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」として採択されたことを発表した。

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This