2021年7月7日

島津製作所,エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-LE Plus」を日本発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

島津製作所は,エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-LE Plus」を日本国内で発売した。同製品はRoHS指令およびELV指令で特定有害物質として指定されているカドミウムや鉛,水銀などを高感度・高精度・短時間で測定できることから,RoHS / ELVスクリーニング検査に最適。同社は2017年から中国に,翌2018年からは韓国や東南アジアなどに輸出してきたが,様々な顧客の需要に対応すべく,日本国内での販売開始となった。

同製品は,「高感度・高精度・短時間の測定」「専用ソフトによる簡単操作」「大型試料に対応」といった特長を持つ。最近は5G(第5世代高速通信規格)関連製品の検査需要が拡大しており,海外での累計販売数は650台を超すヒット製品となっている。以前より顧客からは「日本国内のマザー工場と海外工場で同じ分析装置を使うことで,品質管理の基準を統一したい」といった要望があり,さらに,新型コロナウイルスの感染拡大によって,グローバルなサプライチェーンを見直して,国内の生産拠点に再投資する動きが出てきたため,海外専用製品である同製品の日本国内販売を急遽決定した。(’21 7/7)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This